介護施設で働く看護師は少ない

介護施設で働く看護師は少ない

看護師の方が働く職場としては、介護施設は少なめです。ほとんどの方が働いているのが病院です。次いで診療所、介護施設と続きます。全体の5%程度とかなり低く、まだまだ人手不足が続いている職場でもあります。しかし、准看護師となると事情は多少異なり、病院の数が減少して介護施設で働く人数が増えています。病院では正看護師のほうが求められる傾向がありますが、介護施設なら准看護師でも雇いたいという所も多く、選ぶ方も居るのです。

 

介護施設というのは、老腱や老人ホームなどと呼ばれているところのことです。最近ではマンション型の所も増えていますし、医療機関が開設していて高い医療を提供する場合も見られています。働くといっても、様々なタイプがあるため、どのような看護にかかわりたい方によって選んでみると良いでしょう。介護関係の仕事は看護だけでなく介護にも関わってくるため、やりたがる人は少ないのです。今後は高齢者施設の増加によってニーズが高まると言われており、早い段階から転職を考えてみるのも良いのではないでしょうか。
企業が運営している所、病院の系列となるとそれほど給料の差は出てきません。新しい施設もどんどん登場し、キレイな場所で仕事が出来ることもあります。