介護士と看護師の給料の差は2倍にも

介護士と看護師の給料の差は2倍にも

介護士と看護師の給料を比較してみると、2倍くらいの差が出てしまう事があります。色々と忙しく働く事も多いのが介護士で、看護師は行う業務も少ないのに給料の差は出てしまっているようです。しかし、看護師の方としては嬉しい事でしょう。やはり医療の知識を身に付けているプロと言うことから、収入は高くなる傾向があるようです。

 

また、看護師の方も3Kと呼ばれるほどキツイ職場もあり、看護師だからと言って楽で高収入なわけでは無いですよね。介護施設で勤めるとなると、それなりの実経験も必要となってくるため、下済みとして病棟勤務を行う方は多いです。高い医療の知識と経験を身に付けてから、高齢者を担当する介護施設という働き方もあるわけです。病棟と比べると難しい医療には関わる事が少なくても、終末期で急変される方も居ることがあり、適切な判断が必要となって来ます。そう言った面で優遇されており、国家資格と言う意味でも収入は変わってくるようです。
そのほか、介護士は多くの人が挑戦できるのですが、看護師は人手不足も問題となっていて人員は多く無いのです。需要が求められていても人手が少ない事から、介護士よりも高水準の収入が確保できるというわけです。